魔法少女まどかマギカ2の設定6を捨ててしまいました orz

さらなる勉強と今後のために色々と反省点をまとめていきたいと思います。

 

台を捨てたときの状況

どこかに全台系の当たり島があるイベントで自分はまど2を打ちにいきました。

抽選はほとんどビリの方でしたが、まど2には誰一人来なくて座ったのは自分一人のみ。

全台系のイベントなので、念のため両隣の台の挙動が見られるよう角2の台を確保しました。

ユニメモのパスワードも入力して準備完了です。

打ち始めるとどうやら高確スタートでは無さそう。

高設定ほどリセット高確が優遇されているのでカニ歩いても良いかな?なんて思っていると20Gくらいでスイカを引いてしまいました。

前兆を確認している間に他の空き台になっている台を高確チェックだけして18Gほど回してやめていく人が2名ほどいます・・・。

自分は前兆の確認中に設定差の無いボーナスを引いたので、消化しながら周りの状況をチェックしていました。

するとわたしを含めた4台全てで高確演出が見られなかったのでこの時点でリセットではなく据え置きであると判断し、早々にやめることにしました。

人がかなり少なくまだまだ移動が可能だったので、まど2にこだわり過ぎないでもっと可能性の残っている台を探しに行ったほうが良いと判断しました。

夕方過ぎにまど2が怪しい・・・となって最後答え発表的なアレがあって、結局まど2が当たりだったと分かったという感じです。

 

反省点① 本当に低確だったのか??

夕方背景を除けば、「この演出が出たら高確示唆演出だ」といった解析などは出ていません。

ですのでわたしが今まで打ち込んできた中で、「自分が高確示唆だと勝手に決めている演出が出なかった=低確」という判断をしていたわけなので、この部分の認識が間違っていると当然内部状態の判別も間違っていることになります。

今回の件もあったので、実機持ちの方の協力を得るなどしてリセット後の挙動の研究をもっとして精度を上げていくべきかなと思いました。

どういった演出が高確示唆なのか、色々な方の意見を聞いて調べてみたいと思います。

 

反省点② お店の癖を分かっていなかった

イベントの日には全台または多数の機種をリセットをするお店なのか?

リセットしたあと少し回すのか?

高確などをつぶすまで回したりするお店なのか?

などなど、リセットの傾向などを全く知らない状態で初参戦のお店でやっていました。

お店がリセットなどの対策を普段どういう方針でやっているかを事前に調べていなかったのはかなりの反省点です。

リセット後に何ゲームか回すお店なら、高確ステージに行っちゃったら抜けるまで回すお店かもしれません。

そうすれば朝イチ高確など無くてもそこは気にするところでは無い、といった判断もできたかもしれません。

今後は初めて行く店舗でも、知り合いに聞くなり何らかの情報を得られるよう努力しようと思いました。

 

反省点③ 気にしすぎない

設定6は約60%くらいでリセット後に高確が選択されますので、自分の台だけならともかく周りの台4台全てが高確挙動をしなかったらリセットが無いと判断してヤメたこと自体はむしろ正しい判断だったと思っています。

同じ状況に遭遇したらまた捨てると思いますし。

イベント対象台が最初からまど2と決まっている場合だったら高確が無い程度じゃやめる判断にせず粘りますし、今回のようにお店のどこに当たりがあるか分からない状況だったら早めの判断をしてフットワークを軽く立ち回る必要がある、といった感じです。

まずかった点、反省点などは今後活かすよう努力していけば良いだけで、失敗自体は仕方の無いことです。

松岡修造を見習って失敗を恐れずどんどん挑戦していきたいと思います。

この動画を見て元気出して頑張っていこうと思いましたw

 

今後の課題のまとめ

1. 高確挙動の演出を研究する
2. お店のリセットの扱いの癖の情報を事前に得ておく
3. 失敗してもくよくよしない
以上、【稼動日記】設定6のまどかマギカ2を捨ててしまった!反省点のまとめに関しての記事でした!
良かったらブログ村ランキングの応援ボタンをプッシュしてくれるとうれしいです。


スポンサードリンク