2016年8月28日(日)

小田勇次郎さんの「パチンコとスロットで年収500万円稼ぎ自由を手に入れるステップアップセミナー」に参加してきました。

セミナーの内容には深くは触れず、今回は主にわたしの所感を述べていこうと思います。

 

参加した経緯

よく無料メルマガってやつあるじゃないですか。
色々な情報が届いたり、気づいたら色々な商品を紹介されていたりするアレですw

わたしはいわゆるそういった無料メルマガの類に登録しており、小田さんから今回のセミナーの開催メールが届きました。

そのメールに「激熱裏技!ミリオンゴッド神々の凱旋の攻略情報公開!」みたいな内容の文句があったので、
「これだけゴッド打ってきたのに、今更そんな自分の知らない情報が!?!?」と思いながらも
「それを知ることができればセミナー料の3000円なんてゴミだぜ・・・!」という期待を持って参加したのが1番の参加動機です。

たまたま前日に友人の結婚式の2次会に参加することになって、たまたま東京に滞在するといった感じでタイミングが良かったのも二次要因となりました。

 

それと、パチプロさんにも色々いますよね。

  1. パチンコやスロット一本で食ってる人。
  2. ブログやせどり、FXなど、他にも色々と活動して収入源が複数ある方。
  3. パチンコやスロットの情報商材を販売している方。
  4. その他

わたしなんかはブログとかやってるから2番に該当するのかな?
小田さんは3番に該当しそうですね。

こんな感じで、1番のパチンコやスロットだけで食ってる!っていう人意外の人間がどんな活動してるのかなー?って気になったというのが2番手の参加動機です。

 

 

セミナーの内容

  1. 小田さんの自己紹介
  2. セミナー参加者の自己紹介
  3. セミナー参加者のグループ分け
  4. パチンコやスロットの勝ち方の説明
  5. 凱旋の攻略法の紹介
  6. 情報商材の販売

 

ざっくりとこんな流れでした。

 

1.小田さんの自己紹介

パチプロになった経緯、過去の収支などがメインでした。
この辺のことは小田さんのブログや情報商材のページで見た内容とまんま同じだった気がします。

 

 

2.セミナー参加者の自己紹介

こんなのがあると思っていませんでしたw
「名前、職業、毎月いくら負けてるか、いくら勝てるようになりたいか」

参加者全員がこんな感じの自己紹介をしました。
わたしを除く10人の参加者は、パチンコやスロットを覚えて半年以内の初心者も多く、とにかく毎月負けてるかトントンといった人が全員でした。

わたしの場合は嘘を付くのもアレだったんで、
「毎月平均+30万ちょいくらいで、一応パチプロなのかな・・・。将来はスロットとパチンコは現状維持くらいで、他の商売もやって稼ぎたいです。今日はゴッドの攻略法があると聞いたので、それを聞くためだけに来ました。」
って感じで何一つ嘘を付かず、全て正直に自己紹介しときましたw

別に冷やかしに来たつもりでは無いんですけど、完全に会場に一人だけ変な奴がいる感じになってしまいましたw

 

 

3.セミナー参加者のグループ分け

なぜかグループディスカッションの形式で4人1組に分かれました。
リーダー決めを行い、セミナーの区切り毎に「リーダーがグループ内の意見をまとめて発表する」というめんどくさいことをやらされました。

完全にプロだったことが要因となって、わたしは即座にリーダーに指名されましたw
わたしのグループが意見を言う番になると、グループ内の意見を言うというより「わたしが思ったことを発表する」という訳の分からない展開になりましたw
まーそりゃそうですよ。
目の前にプロの人がいたら、「わたしはこうだ!」って言ってくる人の方が珍しいですし。
これはまあ・・・わたしが・・・悪いんでしょうね・・・w

 

 

4.パチンコやスロットの勝ち方の説明

皆さんが気にするような詐欺とかそういった内容は全くありませんでした。
パチンコで言えばボーダー理論。
スロットで言えば天井狙いや設定狙いなど、真っ当な勝ち方の説明でした。
ただし、突っ込みどころは何箇所かありました。

何故かここでわたしは大人しくせず、「全部突っ込みを入れる」という完全に空気を読まない行動を取りましたw
詳細は後ほどw

 

 

 

5.凱旋の攻略法の紹介

ついにこの時間が来てしまいました。
説明が始まりかけたときでした。
嫌な予感がしたので質問をすることに・・・

kujira 「もしかしてその攻略法って○○ですか??」

小田 「そうです・・・」

あーーーー、やっぱ知ってるやつか。
わたしがセミナーに来た目的は5秒で終了となりましたw
南無w

「どうせこんなこったろうと思った。今更知らないレベルのすごい情報があるとは到底思えなかったし・・・」
という気持ちもありましたけど・・・。

正直なところ、煽り文句がすごくてかなり期待していたのでかなり残念でした。

セミナーの売りでしょうからここに具体的な内容は書きませんけど、だてめがねさんのブログとかにも普通に載ってる内容だったとだけ言っておきますw

 

 

6.情報商材の販売

こういったセミナーには付き物、というよりはこれがメインの内容でしょう。
情報商材の販売斡旋がセミナー最後の内容でした。
基本的には、パチンコやスロットの初心者、または勝ち方が分からない人向けの情報商材ですね。
勝てるようになるための育成プログラム的なやつです。

当然わたしは入りませんでした。
何人か入っている方はいたようです。

「パチプロに習ってでもどうしても勝ちたい」という方は買うのも全然アリかなーって感じですね。

 



スポンサーリンク

小田勇次郎さんはどんな人だったか?

まず最初に言っておきたいことは「巷に溢れている詐欺攻略法」などの類では全く無く、「正攻法の真っ当な勝ち方」の情報商材を販売している方です。

若干誇大広告な部分はありますけどね。

 

さきほど「全部突っ込みを入れた」 という部分があったと思います。
一応意味もあって、返事の内容によってある程度知識や実力がしっかりある方なのかはっきりするという点です。
少し会話するだけで相手の実力ってある程度分かるじゃないですか。

また、10年以上もパチプロ・スロプロを続けている先輩にあたる方なので、良い情報があれば吸収しようという気持ちもありました。

結論だけ先に言っておこうと思います。
まず、わたし自体がプロの中でも相当底辺というか下位の実力だと思っています。
特にスロットに関しては知識も技術もかなり未熟です。
そんなわたしが「あー、色々間違ってるけど大丈夫??」と感じる点が多々ありましたw

はっきり言ってそこまで上手な人では無いんだろうなと思いました。

 

 

突っ込みその①

小田さんがパワポで 1/300 くらいの海物語をベースに、期待値計算の方法を説明していました。
通常回転が2500回、持ち玉比率が0.63 という数値を出していました。

通常2500回は明らかに多く見積もりすぎ、持ち玉比率0.63 はあきらかに低すぎです。(通常を2500回とするなら、持ち玉比率は0.75前後になると思われます)
とりあえず通常回転の方を指摘しても「多すぎましたか」で終わっちゃってつまらないので、持ち玉比率の方を質問することに。

kujira「通常回転2500に対して、持ち玉比率0.63 ってどこから持ってきた数値ですか??」

小田「雑誌で調べた値をそのまま使っています」

kujira「そうですか。値が小さすぎると感じたので・・・」

 

ということで、これが「初心者に分かりやすく一般的な値を使っています」とかなら良かったんですが、単純に持ち玉比率を自分で見積もることができないんだな、と感じました。

 

 

 

突っ込みその②

小田さんがパワポでバジリスク絆の設定6を打ったときの説明をしていました。
そこで、

小田「午前中から挙動が良く、設定5かな?と思って打っていましたが、夕方4時頃にこの3ベル撃破達成の画面が出ました。これは、この機種の設定6が確定する演出です!」

 

挙動が良いという部分が具体的に何を指すかまでは分からなかったものの、一般的にテーブルやBT突入率や謎当たりなどの良挙動(高設定挙動)があったら高設定を疑うのは分かりますが、なんで4や6じゃなく5だと思ったんだろう?
と思い、わたしの場合5を疑う理由が1個しか思いつかなかったので聞いてみることにしました。

kujira「青に寄ってたんですか??」

わざわざ設定5 を疑う理由は、”高設定挙動なのに何故かBCの色が青寄り” となることがまず思い浮かんだからです。

 

小田「いえ、赤に寄ってましたが、1ベル撃破と5ベル撃破の奇数設定示唆が出ていたので・・・」

 

kujira「設定6 だけは奇数撃破も含め、どの撃破達成回数も均等に出現しやすい数値になっていますよ。」

これ以降は言いませんでしたけど、挙動抜群に良くて赤に寄ってたら普通4か6を疑いますよねw
青に寄ってたならまだしも、普通に赤に寄ってるとか・・・ 訳が分からないよ!

っていうか抜群に挙動良くて奇数切りとかどう見ても設定6フラグだよ!!!
3ベルと6ベルを除いたら、どの撃破達成も均等に出るよ!!!

この時点で、設定狙いのスロプロにとっては切っても切れない “1番旬の時期が長く続いているバジリスク絆” の知識が怪しいと感じました。
この人大して絆打ってないでしょ、ってね。

 

 

 

突っ込みその③

小田さんの情報商材のページ に(リンクも貼っときますw) 明らかにファフナーの攻略をやってましたアピールの部分がありました。
なので、ファフナー攻略の具体的な攻略手順について聞いてみたところ・・・

kujira「HPで見たんですが、ファフナーの攻略をやっていたんですか?? SPルート打法ですよね?」

 

小田「いやちょっと、自分あんまり上手い方では無いので・・・」

 

kujira「そうですか。ファフナーの次は○○が流行ったみたいですね。小田さんはやられていましたか?」

 

小田「その機種は知りませんでした」

 

といった具合に、ファフナーの次の時代の攻略機種も知らないようでしたし、どうやらファフナーの攻略法の具体的な手順自体も知らないようでしたw

結局HPでの紹介は「ファフナーでいっぱい出ました!」という単なる結果報告に過ぎなかったようです。
あのページ見る限り、どう見てもSP打法の攻略やってました!的な雰囲気出てません?
いっぱい出ただけなら他の機種もいくらでもあるだろうに、攻略で有名なファフナーの名前を出すあたりミスリードを狙ってるとしか思えなくて、ここの部分だけは若干悪意を感じましたね・・・。

 

他にもありましたが、大まかにはこんな感じで突っ込みを入れました。
話を聞いている限りでは下手くそなわたしよりも知識や技術が怪しい感じがしました。

ただし、小田さんの発言の中で
「自分はあまり上手では無く、既にパチプロの方の収支向上に貢献することは難しいと感じています。しかし、初心者の方をある程度勝てるようにすることには自信があります」

といったニュアンスのお話がありました。(文言はたぶん全然合ってないけどニュアンスがこんな感じ)

わたしもその点は同意で、基本的な勝ち方が分かっているなど、ある一定水準の知識さえあれば、初心者に教えるには十分だと思っています。
逆にそれ以上は、上手になるほど教え方が上手くなるとは限りません。
大学教授などがその典型的な例ですよね。
”頭が良い人間が授業の教え方も上手いとは限らない” のと同じです。

確かに小田さんは、凄腕のプロの方とはお世辞にも思いませんが、「初心者が勝てるように教える」という点ではもしかしたらかなり優れているかもしれません。
ノウハウも実績もあるようですしね。
商材の内容も、夏目五郎とかよりもサービス内容は良さそうで、おもしろそうなプログラムでした。

 

 

 

小田さんの情報商材に関して

これを言ってしまえば本末転倒なんですけど、そもそも「勝ち方を無理やり教え込まれないと勝てない」って時点で、わたしはもう勝つことは厳しいと感じています。

だって解析サイトやら何やら、無料でいくらでも勝てる知識を吸収できる場があるのに、それで勝つのが無理というのが良く分かりません。

確かに仕方ない部分もありますよ。
教科書を眺めてるだけで理解できる人と理解できない人もいるし、どれが正しい情報かを見極める能力も個人差がありますから。

 

もう1つ思うことは、
「どうしてそんなに勝ちたいの?」

ということです。
パチンコとかスロットってゲーセンや映画とかと一緒で、もともとお金を払ってサービスを受ける娯楽だと思っています。
ちょっと言い方悪いですけど パチンコって勝ったり負けたりしながらお金を払って楽しむ遊び だと思っていて、どうしてあえてそのパチンコで無理やり勝ちたいと思うのかな?という疑問があります。
本気でお金が欲しいなら、アルバイトでもした方が何倍も建設的だと思うわけです。

 

それでもどうしてもあえてパチンコ・スロットで勝ちたいんだ・・・!(しかも独力では困難)

という人は、それなりに知識のある人か、プロに教わるしか無いのかなぁと・・・。
プロの打ち子でもさせてもらって勉強するのが早いかもしれませんね。

ですので、そこまでして勝ちたい方は、何かしら犠牲(お金や時間)を払って、プロに教えてもらえばいいのではないでしょうか??
安値で打ち子として色々教えてもらいながら雇ってもらうとか、どっかの塾に入るとか。

そういった意味では小田さんの教材はこういった方には合っているかもしれません。
かなり丁寧に教えてくれそうな雰囲気はありました。
初心者で興味のある方は是非セミナーに参加して、説明を受けてみてはいかがでしょうか??

ここのブログ でメルマガが登録できるようなので、興味ある方はメルマガに登録していればそのうちセミナーなどのお知らせが来るかも??
 

ご覧頂き、ありがとうございました!

トップページ


スポンサードリンク