2004年に開催された格闘ゲーム大会 ”Evolution” のストリートファイターⅢ 3rd STRIKE 部門で、当時23歳のプロゲーマー 梅原大吾 選手がアメリカ代表のジャスティン・ウォン選手に劇的な大逆転勝利をした動画です。

次第に劣勢となり、体力ゲージが残り1ドットとなります。これは敵の必殺技をガードした時点で削られて死ぬ状況です。
そして 2:34 頃、春麗を操るジャスティン選手が削りで止めを刺すため、必殺技の鳳翼扇を繰り出しますが、全てをブロッキングして最大コンボ技で反撃、KO勝利します。

観客は大興奮。
格闘ゲームを知らない人でも、何かすごいことが起きているという雰囲気が伝わってきます。

管理人は定期的にこの動画を見たくなっちゃいます><
 

トップページ


スポンサードリンク